TOP 製品紹介 購 入 お支払い 問合わせ 会社概要 アクセス  
製品情報    特許 第3771227号

外気に含まれるチリ・ホコリ・花粉・菌およびウイルスは呼吸によりマスクに吸引されます.吸引された物質は外側の光触媒ガーゼ(一次分解層)を通過し化学物質・菌・ウイルスを水と二酸化炭素に分解します.
次に,捕集二重フィルターによってチリやホコリを留ます.
さらに,一次層で分解できなかった化学物質・菌およびウイルスを表皮接触部にある光触媒ガーゼ(二次分解層)で水と二酸化炭素に分解する.
さらに,呼気も同様の過程で外気に放出されるため他者への感染や口臭もありません.
光の強さ(照度)はわずか100ルクス(4.5畳で20ワット蛍光灯2本程度の光)
で効果を発揮します.
特  徴 一般マスクの場合(繊維の特徴)
一般のマスクの繊維を走査型電子顕微鏡で見てみると,右のように表面は滑らかです.これは,チリやほこりなどが引っかからず素通りしやすくなります.
そのため,一般のマスクは静電気でチリやホコリを定着させる方法を用いています.従って,ウイルスや菌も含めてすべての有害物質がマスクについたままの状態で使用しているため,装着時間が短いのが欠点です.
また,繊維の機密性を高めたものは,遮断性は高いが呼吸がしづらい欠点があります.使用した方はお判りと思いますが,現在はやりのN95マスクは呼吸がしづらく,長時間の使用は極めて困難でしょう.
特  徴 チタニアマスクの場合(繊維の特徴)
これは特殊なパルスガンでチタニアを打ち込み形成した強固な光触媒皮膜です。通常の吹き付けではないので,洗っても剥がれることが少なく長期間(70時間以上)の使用を可能としました.さらに繊維表面に凹凸があるため,菌やウイルス以外のチリやホコリも素通りを防ぐことを可能としました.
この光触媒をパルス波動ガンで打ち込む方式は既に特許を取得(特許番号3771217号)しており,他社での使用は認められておりません.
特  徴パルスガンによる光触媒打ち込み
通常の光触媒マスクは噴きつけ(スプレーで板に色をつけるように)のため,12時間程度で効果が薄れてくるのが欠点でした.また,通常のマスクより高価で光触媒の有効時間が少ないため,かなり割高なものでした.本製品は特殊な打ち込み方式のため水洗いしてもその効果はほとんど変わらない特徴があります.

ご存じのとおり光触媒はウイルスや菌をまったく違う無害な物質(H2OやCO2)に変化させるため,菌やウイルスなどがマスクに付着したままということがありません. 従って,安心して長時間使用できます.
特  徴他社製品との機能比較
他社製品との比較
これ以外にも多くの実験結果および詳細はこちらをご覧ください→